› てんとうむしの畑 › 2009年08月

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年08月24日

オオバコの道

農園の一角にある、大きなタブとムクの木の下は、畑の中のお休み処。。。真夏の刺すような陽射しも、この樹の下までは届きません。
私たちが この土地にやって来て以来、もう20年以上も、畑で働く私たちを見守ってくれています。
そんな樹の下の地面には、いつでもオオバコがびっしり。

 
オオバコは 家から畑へ、畑から樹の下へ・・・人の歩く所に生えているので、まるでオオバコの道のようです。

一年中縄張り争いをしている雑草たちですが、踏まれても 刈り取られても、場所を 他の植物に譲らないタフなオオバコです拍手
でも、私たちが 毎日歩いて 踏み付けないと、たちまち もっと生育の早い もっと背の高い植物に、 おきかわってしまうそうです。
オオバコは、「踏み付けに強い」と言う個性を利用して、他の植物が育ちにくい所で生きている・・・そう考えると、「なんてケナゲな奴なんだ~ハート」 と、雑草を敵視する事が減りました。

  


Posted by てんとうむし at 23:44Comments(2)

2009年08月20日

妊娠鑑定

昨日(19日)は、我が家の親牛「ふゆこ」の 妊娠鑑定。 
種付けが 4月14日なので、6月中旬頃に 鑑定してもらうはずだった・・・のですが、「まちがいなく 付いてる」と安心してしまい、念のためにと、今頃になって受精師さんにみてもらいました。
受精師さんは、肛門に 手を二の腕の半分くらいまで入れます。そして、腸から子宮をさわって、妊娠してるか否かを調べます。
結果は「ついちょらん」と即答。
 「永久黄体ができてるから、発情もこなかったはず」・・・との事でした。
 
・・・えええっつオドロキ  今まで想像妊娠だったの??
しかも、想像してたのは「ふゆこ」ではなく、飼い主のほう叫び
農業経営者としては、失格。。。 これでは、儲かりません

とりあえず、過去を振り向かずに 前進です。

今日は 獣医さんに診察と治療をしていただきました。
早く来い~ 本物の発情~~  


Posted by てんとうむし at 23:11Comments(6)うし

2009年08月06日

稲刈り

8月2日 (日曜日)は てんとうむし農園も稲刈りでした。晴れ
私たちの住む地区は、早期水稲がほとんど。 なので、7月の下旬から 稲刈りが始まります。 
田んぼに コンバインが入り、人や軽トラックが 忙しそうに動いているのが、あちこちで見えます。
 
この時期、大忙しなのが、「精米所」。。。  刈り取った稲を、『乾燥』して 『もみすり』・・・  どこの精米所も、人がたくさん集まって、とにかく忙しそうです

てんとうむし夫も、昔馴染みの精米所に お手伝いに行きます。その精米所は、稲刈りも一緒にやってくれるので、コンバインをもたない我が家は大助かり。
日曜日、精米所にいる夫から電話  「今日は,うちの田んぼも 稲刈りだから、あぜ草刈っといて」・・・・

慌てて 草刈機を車に積んで、田んぼに直行。
色よく穂を垂れた稲や、茎に産み付けられた 色も形もイチゴのようなジャンボタニシの卵に 目をやりながら、あぜ草を刈りました。終わる頃には、全身汗びっしょりアセアセ  振り向けば、しっかり株を張った、黄金色の稲が見えてます。
  
ここで、カメラを忘れた事に気が付く! ブログ用の写真がぁ~しょんぼり    『まあいいか、稲刈りは午後だから』 ニコニコ 

そして、午後・・・カメラを持って再び行くと。。。
何も ない!!! 



終わってました~~~っ

あとには、整然と並んだ稲の切り株と、稲わらのやさしい香りが残っていました。。。

農薬も除草剤も使わず、作り続けて久しいですが、この頃ようやく 稲や 田んぼの雑草や 土と付き合う方法が 判ってきたような気がします。
  


Posted by てんとうむし at 00:09Comments(2)田んぼ