› てんとうむしの畑 › うし › 「ふじせら」の手術 「つきこ」の競り その2

2012年09月15日

「ふじせら」の手術 「つきこ」の競り その2

「ふじせら」の開腹手術。すっかり夜も明けて 後は縫合ですが、立つ事が出来ません。
こんな時、牛を立たせる器具があります。牛の腰部(骨盤)をじわりと挟む器具です。
牛小屋の梁に 滑車のついたロープ(チェーン)を掛け その器具をつなぎます。
痛くないように腰部に当て布をして じわりと挟み からからと吊り上げて立たせます。

うしが立てない状況は滅多に無いのですが、今が その器具の出番・・・

しかし、それは他所にに貸し出し中らしく、ここには無いアセアセ
私は 知り合いの獣医さんのお家まで器具(チェーンブロック)を借りにひとっ走り。

そこへ いつもお世話になっているTさんが牛を運搬するためのトラックに乗ってやって来ました。
この日は「つきこ」の競りの日です。Tさんに運搬を予てからお願いしていました。

「あらた」を育成牛として家に残したので 口蹄疫以来 初めての競り出場です。

競りが近づくと夫は「つきこ」を毎日繫いでブラッシング。ピカピカとまでは行きませんが、サッパリ程度に磨きました。
児湯牛と書かれた黄色い「おもて」も用意してあります。

でも今は 取り込み中ガーン

最高にピンチで忙しい瞬間でした・・・けれど こんな時でも 皆で必死で動いていたら何とかなりました。

気が付けば 「ふじせら」の縫合は応援の獣医さんも来て無事終わり 子牛は元気にミルクを飲み 
「つきこ」は夫と競り市場に 息子は仕事に行きました。

私ひとり残って、運動場と牛小屋に散乱した 色々な物を洗ったり片付けたりしました。

それから「つきこ」の出場に間に合うように市場に行きました。
市場は人と牛でいっぱい・・・


友人、知人の畜産農家さんと挨拶したり話したりするうち 昨夜からの緊張がだんだんと解れていった気がします。

食欲も出てきた「ふじせら」 



 





同じカテゴリー(うし)の記事画像
3年目の埋却地
新しいブラシ
再び 除角
「泉太郎」です
「ふじせら」の手術 「つきこ」の競り
「つきこ」です
同じカテゴリー(うし)の記事
 3年目の埋却地 (2013-06-15 15:31)
 新しいブラシ (2013-04-02 23:46)
 再び 除角 (2013-02-07 02:01)
 「泉太郎」です (2012-09-16 17:26)
 「ふじせら」の手術 「つきこ」の競り (2012-09-14 03:20)
 「つきこ」です (2011-11-27 23:16)

Posted by てんとうむし at 02:14│Comments(2)うし
この記事へのコメント
おはようございます。
今朝も、目頭がじんとしました。

大きな大きな山場でしたね。
いざというときのひとのパワーは
すごいものですね。

つきこさんも、
おしゃれして競りへ。

ふじせらも、無事で
良かったです。
Posted by rue at 2012年09月15日 08:27
rueさん こんばんは~

たくさんの人に助けられて、なんとか乗り越えられました。
あれこれと一杯詰め込まれた1日だったので一日が48時間のように感じてしまい、時差ぼけ状態でしたが。。。

「つきこ」の部屋が空いてしまってちょっと寂しい思いです。
Posted by てんとうむし at 2012年09月15日 21:40
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「ふじせら」の手術 「つきこ」の競り その2
    コメント(2)